クレジットカードを使って現金を使わない生活をしよう

金欠でピンチという場合に一番大切なことが、可能な限り出費を減らすことです。しかし食費や生活必需品の購入など何らかの出費が発生します。

そこで出費を0円にしようとするのではなく、現金を使わないという形で金欠を乗り切るのも1つの手です。現金のみの支払いにしか対応していないお店は避け、クレジットカードの支払いが利用できる店舗を優先的に利用することで、手元に現金がない状態であっても普段の買い物ができます。

クレジットカードの支払い方法にも注意すること

クレジットカードは手元に現金がなくても買い物ができる選択肢です。しかし手元にお金がなくても買い物できることから、使い過ぎてしまう方もいます。

金欠を乗り切るためにカードを使っているのに、使い過ぎてしまったら意味がありません。カードの利用額に注意しながら金欠のピンチを乗り切りましょう。

またカードの返済額が多いという場合には、一括ではなくリボ払いや分割払いを選んで返済の負担を減らすといった工夫も必要です。

クレジットカードを使って現金を確保することも可能

病院での支払いなど、クレジットカードの支払いでは対応できない場面もあるでしょう。

そのような場合は、クレジットカードを使って現金を確保して金欠のピンチを乗り切るのも1つの手です。

キャッシング機能付きのクレジットカードを使っている方であれば、キャッシング利用可能金額の範囲内ならお金を借りて現金を確保できます。カードごとにキャッシングの利用可能額は異なるので、手持ちのクレジットカードにおけるキャッシングの条件を調べてみましょう。

クレジットカード現金化という選択肢

キャッシング機能の枠を使い切ってしまった、そもそもキャッシング機能がついていないクレジットカードを使っているという方もいるかもしれません。

そんな状況の人は、クレジットカード現金化の仕組みを使って金欠を乗り切ることも可能です。現金化の専門業者を利用すれば、カード事故が起きるリスクも低いので安心して現金化が行えます。

換金率90%以上で現金化できるケースも多いことに加え、申し込みから10分ほどで振込手続きまで完了する場合もあります。